FC2ブログ
明日には衆議院が解散され12月2日公示、14日投票が決定したようだ。
明日は国会で訳の分からない「バンザイ」が叫ばれて、いざ選挙戦である。
降って沸いたような衆議院の解散であり、なぜこの時期に貴重な財源を使って総選挙をするのかが全く理解不能である。
安倍総理大臣はそれなりの理由を述べているが、多くの国民、有権者にとって説得力をもった理由とは言い難い。
5年前、国民の大きな期待をを受けて誕生した民主党政権が、稚拙な内紛を繰り返した挙句に崩壊した後は、自民党が圧倒的数の力でかなり右寄りの政策を進めてきた。
集団的自衛権の問題、原発政策、特定秘密保護法、靖国問題等世論が分かれる諸課題を安倍さんは強引に推し進めてきたが、それらの政策の是非を問う選挙であると言えるかもしれない。
東日本大震災の被災地としては、選挙どころではないと言うのが本音だが、アベノミクスの経済せ策も含めて国民の審判を受けるには諸課題が豊富であるともいえる。
どちらにしても、「どうせ自分の1票で世の中変わらない」と棄権だけはしないで国民の権利を行使して大切な1票を社会の向上につなげたいものである。
先週、従兄弟の59歳の女性が10年に及ぶ闘病生活の末に他界した。
温和で優しい人であり、病で苦しい中でも、自分のことより周りの人を心配し続けた方であった。
人生80年時代の今日、あまりにも短い生涯であったが、短くも充実した価値ある生涯だったと思慮する。
あの大津波から3年8ケ月、大半の被災者にとってこの間の歳月は、精神的にも肉体的にも負荷の大きい者であったと感じる昨今である。
彼女は店舗も住居も壊滅する中で、懸命に病魔と闘い続けてきたのだが、新しい郷土の復興の姿と新店舗の開店を見せてやりたかったと思わずにはいられない。
ただただ、合掌。
一昨日、携帯電話からスマートフォンに変えた。
変えなければならない特段の理由はないが、ただ流行りに乗っただけのことだろうか。
機種の選定から手続きの一切を娘が行い、指南役も娘である。
指南役からマンツーマンで特訓中だが、一口に言って至難である。
簡単に言えばPCの携帯版がスマホであろうが、小さい箱の中に機能が集積してあるので、頭の固い年配者には苦戦必至である。
しかし今までの携帯電話に比べて機能の豊富さには驚かされる。
音声で問いかけるときちんと答えてくるのであるからスマホは本当に優れものである。
覚えるのに若い人たちの10倍はかかりそうだが、慌てず急がず、ボチボチ行きましょうか。
今年も残すところ1ケ月と10日、総選挙の結果は神のみぞ知ることだが、結果はどうあれ自然災害の被災者が全国各地で国等の支援を必要としていることを忘れないで欲しい。
この3年8ケ月、被災者は筆舌に尽くし難い苦しみを味わったが、人間社会の優しさ素晴らしさを感じた歳月でもあった。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://sunparksan.blog123.fc2.com/tb.php/129-c9032389