FC2ブログ
2016.08.10 夏真っ盛り
日本中の注目を集めた真夏の戦い、東京都知事選挙が終わった。
当初の大接戦の予想とは裏腹にマドンナ小池百合子さんの圧勝であった。
各新聞やテレビで小池さんの勝因がいろいろ語られているが、すべて結果論での後付けだ。
“私は戦艦に立ち向かう笹舟だ”“大組織に立ち向かい私は1人、皆さんの支えだけが頼り”“厚化粧の大年増と言われたので今日は薄化粧“”ジャンヌダルクは若くして火あぶりになった、私は若くないが火あぶりになるかも“
要所要所での言葉の切り返しはさすが幾多の修羅場を潜り抜けてきた女クノイチ忍法、百合子さんの機転と度胸の見せ所だった。
勝因はいろいろあるが有力候補者三人の中で「覚悟」が違っていたと感じる。
どちらにしても二代続いた首都の首長の不祥事による混乱を収拾し、4年後の東京五輪を成功させる責任があるのです。頑張ってください。

漸く東北地方も梅雨明けし、暑さが本格的になってきた。
関東や中部、関西の酷暑とは比較にならないが、今日も30度を超すようだ。
普段はビールを嗜まない私だが、ここ3日間は風呂上がりの缶ビールは格別だ。暑さの到来と共に体がビールを要求してくるようだ。
反対に普段ビールを嗜む家内が何の御呪いか分からないが、突然自分に禁酒令を出して酒断ちを始めた。家庭がぎくしゃくならぬちぐはぐ?
ゆえに冷蔵庫からのビールの出し入れは自分だしおつまみは無し。
女川の町も大震災から5年5ケ月が経過し、多くの人々が災害公営住宅や自立再建の家に落ち着くことが出来つつある。
本年の3月時点で災害公営住宅や自立再建で終の住処を求めることが出来た人はおよそ35%。本年1年で復興事業に拍車がかかり本年度末、つまり来年3月には65%位、三人に二人は住居の復興は出来る状況である。
町長の家も旭が丘団地に建設中であり、今年の11月頃には新居が完成するようだ。
私の近くに住む娘も9月には二人目出産の予定であるが、男女の別は分からない。分からない方が楽しみが後になって良いかも。
大震災から5年半、あっという間の5年であり、色々な事があった歳月でもあった。
震災後も色々な人が亡くなった。新しく生まれてくる命もあった。
天皇陛下の生前ご退位の意向をお聞きすると、時代の流れ、時の流れを深く感じる。それぞれがそれぞれの立場をわきまえながら出来るだけ前を見てボチボチ進みましょうか。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://sunparksan.blog123.fc2.com/tb.php/166-468863de