FC2ブログ
2017.08.31 雨雨、冷夏
月日の経つのは本当に早いもので、今日は8月の末日、一年の三分の二が終わることになる。
今年の夏は冷夏と長雨、そして台風に襲来され続けた夏だった。
夏らしく暑かったのは7月の25日頃までであり、以降の一ケ月以上は冷夏続きで最高気温も23,4度程だろうか。
エアコン要らずで凌ぎやすかったがやっぱり夏は暑くなければ物足りないし、何事も盛り上がらない。
海水浴場の海の家やアウトドアの商売の人々にとっては死活問題だろうか。
東京から娘と孫が来たが、花火遊びは何とかできたが、楽しみにしていた海水浴と庭でのバーベキューは雨で中止に。
KOBOパークでの楽天・ソフトバンク戦は雨中開催となったが、相変わらず楽天の打線がパーッとせず、湿りきってアマダーのホームランのみで完敗、連敗、泥沼街道。
昨日の西武戦は最終回に何と4点をとって引き分けに持ち込んだが、6連敗継続中。
6連敗の前も藤平で何とか1勝したがその前が6連敗だからトータルで1勝12敗となるはずだ。
ここに来て首位ソフトバンクとのゲーム差は9,5ゲームと開いたが、自力、実力の差と言うほかないかもしれない。
考えて見れば、楽天とソフトバンクの選手の年棒は倍近く差があるらしい。勿論ソフトが倍。
楽天は開幕ダッシュに成功し、助っ人外人らの活躍でここまで来たが、けが人続出もあり選手層の違いは歴然だ。
我が楽天イーグルスは、投手陣も攻撃陣もみなそこそこに頑張っているが、ソフトバンク、西武と明らかに違うのは、機動力を駆使した攻撃が全く出来ないことと守備力の差。
打線は水物であり、ホームランもそんなに出るものではない。打てないときにこそバントや盗塁を駆使しながら相手守備陣にプレッシャーをかけたいがそれが出来ない。
守備の要、嶋さんもインサイドワークは一流で、選手の信頼も厚いが盗塁阻止率は低い。
楽天がヒットで本塁突入し憤死する場面は何回かみたが、逆のシーンはあまり見かけない。
総合力でソフトバンクと力の差は明らかだ。
昨日の最終回の同点の場面でも、オコエの俊足が生きたようだし、今後は走れる選手を養成し総合力を高めていきたい。
それにはオコエ、田中、島内、吉持らがどんどん走ることに前向きになるべきだ。
今後、ソフト、西武とのCSシリーズがあるが、短期決戦は強い方が必ず勝つのではなく、勝った方が強いのだから、集中力を高めて希望を持って戦うしかない。
ナイター観戦が終わったのは10時過ぎだったが、今回は娘が高齢の身を案じてくれて、球場近くにホテルをとってくれたので大変助かった。

翌日行った仙台の海の杜水族館は雨天で込み合ったが素晴らしかった。
中でもイルカショーは、よくぞここまで訓練、調教したかと感心するくらいイルカと人間の信頼感もあり、コミカルでもあり子供たちだけでなく大人も高齢者も充分楽しめた。
ホヤ、ホタテ、カキ等の実物の養殖いかだも展示されていたのも私達には身近であり、余計に楽しめた。
今年の夏は冷夏で夏の遊びは十分に楽しめなかったが、孫が帰省したので、水族館にも行けたし花火も出来た。
孫たちがくれば大分疲れるし、出費もかさむが、子どもがいればこそ水族館にも行くし花火もするしバーバの料理作りへの意欲も高ぶってくる。
地元にいる孫と東京の孫(二人は従兄弟)は1週間ほど遊んで、別れる際、女川の駅で人目もはばからずオイオイと泣いた。
いつものシーンだが私達は微笑みながら抱きしめるしか術はなかった。

今年は3年連続でサンマが不漁らしい。
台湾、中国、韓国などの公海での沖獲りの影響なのか、海洋環境の変化なのかは定かではないが、かなり心配されるようだ。
女川町は今やカツオの町ではなく、サンマの町として有名であり、基幹産業である水産業の中核魚種である。
先般、知り合いのサンマ業者に「今年もサンマの宅配頼むよ」と言ったら、「今年は不漁で見通しが立たないのでもう少し待って」と言われた。
サンマ漁も大自然が相手なので致し方ない。
私達女川町民は6年半前の東日本大震災で数多くの犠牲者をだし、形あるあらゆるものが破壊され町の大半が壊滅したが、海を恨む人はほとんどない。
これからも海を愛し大切にし海の特性を尊重しながら、海の幸、自然の幸を求めて共存共栄をしていかなければならない。
町の復興状況は漸く災害公営住宅の大半も完成し、高台宅地も造成が完了に向かっている。
復興計画8年も最終の第4コーナーに向かうところである。
しかし未だ本町だけでも500数十世帯、1000人を超える被災者が仮設住宅で暮らしている現状である。
この方々は多くの友人、知人が再建して行く姿を目の当たりにしており、いわば置いてけぼり症候群になっている方々もいる。
復興の最終に当たり、色々な事情で再建が遅れている被災者に尚一層寄り添う姿勢が求められているのである。
そのことを肝に銘じながらこれからも復興の最終コーナーに進んで行きましょう。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://sunparksan.blog123.fc2.com/tb.php/192-0f57e6f0