北朝鮮が8月末に続きまた弾道ミサイル発射と言う暴挙にでた。
「火星12号」とか言うらしいが、北海道上空を通過し、襟裳岬沖の太平洋に落下したようだ。
広い宇宙空間や太平洋とはいえミサイルが航空機や船舶に着弾したらと考えると恐怖でぞっとする。
隣国にこのような国際ルールを無視した行動に出る国がいるのは本当に腹立たしく心穏やかでない。
我が家でも朝7時前頃だろうか”jアラート”がけたたましく鳴り響き、地域一帯が不穏な空気に包まれた。
70数年前日本列島は連日連合国側の爆撃で空襲警報が鳴り響き、多くの尊い命を亡くし、恐怖の毎日が続いたが、それを思い起こした高齢者もいただろう。
北朝鮮の暴挙を止めなければならないのは当然だが、ではどうするかと言えば妙案は浮かばない。
相手が相手なので圧力と対話と言われているが、どんな圧力とどんな対話なのか良く分からない。
相手は雑草を食べてでもミサイル開発をやめないとも言われるので通常の考えは通用しないかも。
そう言えば日本も70数年前は「欲しがりません勝つまでは]のキャッチフレーズで鬼畜米英を叫んでいたのを思い出す。
ところで北朝鮮の正式名称は「朝鮮民主主義人民共和国」というらしいから驚きである。
民主主義、人民共和国 かの国の体制を見ていると名称に偽りありと言いたくなる。
アントニオ猪木の訪朝の是非は分からないが、とにかくここは人間の英知を結集して戦争だけは避けたいものだ。
猪木が訪朝の際”ホウチョウ一本晒しに巻いて”と言っていた親父ギャグが後でわかった次第である。
日本は民主主義国家であるから、北朝鮮の暴挙で日本にいる韓国、北朝鮮系の人たちに対して差別や敵対する行為だけは慎みたいものである。
ヘイトスピーチが復活すること等くれぐれもないようにしたいものです。

9月8日、9日、10日、11日の3泊4日、ねんりんピック秋田大会にグラウンドゴルフで参加してきた。
正式名称は「第30回全国健康福祉祭あきた大会、ねんりんピック秋田2017」というおそろしく長い名称である。
全都道府県と政令都市からの代表60歳以上、ほぼ1万人が、秋田に集い25種目に熱戦を繰り広げた。
ゴルフ、パークゴルフ、ゲートボール、卓球、ラグビー、サッカー等々だが、そうそう囲碁、将棋、健康マージャンもあった。
秋田市で行われた開会式は絶好の秋晴れにも恵まれ、選手1万人と役員、ボランティアに大勢の観衆もあり盛大であった。
開会式で国歌 君が代をうたった地元の有名歌手は明らかにコブシを効かせた君が代であり、秋田らしく民謡調でもあった。
私のグラウンドゴルフの成績は残念ながら、全国の厚い壁に跳ね返され全400人の中で中の下くらいでした。
内心あわよくばの気もあったのですが、矢張り全国レベルの技術が不足していたのは明らかでした。
我が宮城県は県と仙台市から12人が参加したが、5位と10位に入賞する健闘でした。
グラウンドゴルフは大仙市で開催されたが、さすが日本一の花火の町らしく、開会式、閉会式、試合の開始、終了と全て花火の打ち上げで始まり花火の打ち上げで終わるのである。
私達が泊まった駅前のホテルは1泊通常7000円くらいだが、8月の花火大会の日は5万円に跳ね上がるとか。
ルールの説明をする地元の人の秋田弁が、関西地方の人には理解できないことがあるようで、私達宮城県人が通訳することがしばしばであった。
私も隣県秋田のズーズー弁はほぼ理解できたところ。
私個人の成績は芳しくなかったが、いい経験をさせてもらったので、来年以降、又出場できるよう頑張って行きたいと思います。

人生は色々なことがあります。東日本大震災のような想定外の自然災害もありますが、戦争は人間が起こすもっとも残酷な行為です。
核の開発を進めても人類全体には何の進歩もありません。
北朝鮮と日本、アメリカ、韓国の間には残念ながら信頼関係は存在しないようです。
ここはドイツ、スイス、スエーデンなどの欧州の国々に仲介してもらう手もあるかもしれない。
平和が何よりも尊く優先することを忘れず、お隣の国と付き合っていきたいものです。
季節の変わり目です。くれぐれも御身体をご自愛ください。、
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://sunparksan.blog123.fc2.com/tb.php/193-2c03474f